インフラもサポート!クライアントの起業を徹底サポート

資金や場所を確保しよう

念入りな準備を済ませよう

工夫すれば費用を削減した上で、起業することが可能です。 そのためには、必要最低限の家電や家電が用意されているレンタルオフィスを選択してください。 さらに社員に応じて、レンタルオフィスの広さを決めましょう。 広すぎず、狭すぎないレンタルオフィスがベストです。

家具や家電があるレンタルオフィス

会社の経営を成功させるために、必要なものを揃えてください。
まずは、会社の拠点となる場所を見つけましょう。
安く済ませるなら、レンタルオフィスがおすすめです。
レンタルオフィスなら利用料金が安いだけでなく、家具や家電が備わっているところが多くあります。
起業をする上で強力な手助けとなることでしょう。
また従業員が増えて、今のレンタルオフィスが狭くなったら、簡単に広い場所に移動できる面もメリットです。
その時に合ったサイズのレンタルオフィスで、仕事を進めましょう。

さらに、資金調達をしなければいけません。
資金がなければやりたいことができませんし、支払いが滞るなどのトラブルが起こってしまいます。
まとまった資金を得たい時は、金融機関からサポートを受けると手っ取り早いです。
ここで言う金融機関とは、銀行やノンバンクのことを指します。
それぞれで融資までのスピードや審査の緩さ、金利などが変わります。
また借りた資金は、必ず返済しなければならないことを忘れないでください。

返済の負担を削減したい時は、補助金や助成金を利用しましょう。
補助金や助成金は、条件に一致していれば、資金をもらえるサポートです。
つまり返済する必要がなく、気軽に申請できるでしょう。
さらにクラウドファンディングでも、資金調達ができます。
こちらも出資者に資金を返済する必要はありませんが、代わりに返礼品を渡すことにあります。
また、期限まで目標金額に達しないと、資金を受け取れない面に注意しましょう。

まとまった資金を確保しよう

金融機関に相談すると、資金を融資してくれます。 しかし融資は、資金をもらえる方法ではありません。 そこを、勘違いしないでください。 資金を借りる方法なので、期限内に必ず返済しましょう。 また資金を融資してくれる金融機関は、銀行とノンバンクの2種類が存在します。

負担を減らしたい人向け

他の方法でも、資金をサポートしてくれます。 おすすめは補助金や助成金を使ったり、クラウドファンディングを利用したりする方法です。 この方法なら返済する必要がなく、負債になりませんし、負担も少ない面がメリットです。 さっそく、利用方法を調べていきましょう。

TOPへ戻る