ちょっとした手間で車を安く買える

>

ちょっとした豆知識で得をする

新古車は新品同様だけど中古でもある車

皆さんは新古車と新車の違いをご存知でしょうか。
新古車って新車と中古と何が違うのでしょうか。
新古車とは来る前によく展示されている車だったり、試乗車として使っていた車のことを指します。
走行距離も走っていないに等しいほどの距離しか走っていない車ですし、新品同様だけど中古でもある車と言った方が分かりやすいでしょうか。
この新古車は新車と比べると遥かに値段が下がってきます。
家に誰かが乗ったからといってまるで気にしないという方には新古車をお勧めします。
車は買ってからお金がかかると言っていいほど維持費にお金がかかってきます。
当たり前のようにガソリンを入れないと走らないのが車です。
節約をしたい人にはいかに安く車を手に入れるかが重要なことなのかもしれません。

車を買うならば下取りをしてもらう

皆さんは買取と下取り何が違うかご存知でしょうか。
下取りとは新しく買うものを割り引く目的として、買い手側が売り手側の古くなった商品を引き取ると言うものです。
売り手側としては商品を買ってもらうという約束のもと引き取る形なので買い手側の印象としては割引の中に下取り料金も含まれているため多く割り引いてもらえた印象になるのです。
買取とは要らなくなったもの買い取ってもらうものなので新しいものを買った際に割り引いてもらえた感覚はありません。
車のように大きな買い物の場合は下取りをしてもらった方が買い手側の負担は減るでしょう。
車を買うお店に直接下取りをしてもらえるのかどうかを確認をして、できるのであれば下取りをしてもらった方が良いでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる